So-net無料ブログ作成

離婚調停の期日とその流れ

離婚調停の期日とその流れ

離婚調停をするには、まず家庭裁判所に申立てを行います。

調停申立書には、「暴力をふるう」、「家庭を顧みない」、
「生活費を渡さない」など、申立ての動機を記入します。

離婚調停申立書はどこの家庭裁判所にも置いてあります。


離婚申立書を、申立てをする相手の住む家庭裁判所か、
夫婦が合意して決めた家庭裁判所に提出します。

受理されると、1ヶ月ほどで調停の期日が決められて、
両者に調停期日呼出状が送付されます。
どうしても都合が付かない場合には、
期日変更申請書を提出します。


1回目の調停の後、月に1回程度、離婚調停が開かれます。


半年以上調停を繰り返しても調停が成立しない場合には、
調停不成立となり取り下げられることもあります。

しかし8割前後は半年以内に離婚調停が成立しています。


調停では弁護士は介在しません。

調停委員と呼ばれる人たちによって、話し合いが進められます。


離婚だけでなく、離婚に関わる親権や養育費、
財産分与、慰謝料などについても調停で解決することができます。

また、調停で離婚まで成立させたい場合には協議離婚となり、
調停で離婚届に署名捺印することもあります。

相手が離婚調停に応じないような場合には、
離婚の裁判をすることになります。

しかし、裁判にまで行く前に、離婚調停をするということになっています。


離婚調停で離婚が成立しなかった場合や、
相手が行方不明などの場合については、
裁判を起こすことになります。


離婚を考える場合、調停の手続きや流れなどについて、
最寄の家庭裁判所に相談してみると良いでしょう。


離婚調停の期日とその流れのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停で決着がつかない場合は

離婚調停で決着がつかない場合は

離婚調停というのは夫婦が慰謝料や養育費、親権などを決めることです。

これらは話し合いで決まることがほとんどですが
離婚調停には強制力がないため、
離婚調停で決着がつかない場合は離婚訴訟に発展します。


離婚訴訟というのはいわゆる裁判のことで、
離婚調停でも話し合われた親権問題や養育費、
財産分与などを中心に協議されます。


離婚調停は家庭裁判所にある申立書に必要事項を記入し、
提出するだけで簡単に届出ができます。

その際には離婚を決意した理由や相手方から、
暴力をうけたのであればその診断書、
不貞の証拠などを提出しましょう。


しかし、相手が応じてくれず裁判に発展しそうな場合は、
手の内を明かさない方がよいので、
公表しないように調停委員に伝えておく必要があります。


離婚調停では申し立てから1ヶ月ほどで、
調停の期日を記載した調停期日呼び出し状が送付されてきます。

これは外見からは家庭裁判所とはわからないように届けられます。


調停の日は忘れず、遅刻しないように落ち着いた状態でのぞみましょう。


相手が出席に応じてくれなくても家庭裁判所の方から出頭勧告をしてくれます。


離婚調停では申立人が先に呼ばれて事情を聞かれます。
そこで慰謝料や養育費等の希望を提示し、相手の合意を求めるのです。
離婚には時間も体力もかかります。
戸籍の問題や親族関係にも影響してきます。
離婚調停で決着がつかない場合はさらに長い期間がかかります。


早めに決着をつけたいのであれば、
申し立てまでにしっかりとした証拠などを用意しておくことをおすすめします。


離婚調停で決着がつかない場合はのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停の結果は書類として残る

離婚調停の結果は書類として残る

夫婦間での離婚協議が拗れてしまった場合に、
家庭裁判所に間に入ってもらうことにより司法的な判断を得て、
それを元に離婚を成立させるかさせないかを争うことを離婚調停と言います。


離婚調停は何も嫌がる当事者を
無理矢理に離婚させるというものではありません。
あくまで話し合いを重ね離婚が妥当であるか否かの判断を行なうというものになっています。


離婚調停によって双方納得の上で離婚に合意した場合に
調停調書というものが製作されます。

これは離婚調停の結果を書類として残すという目的で作成されるもので、
裁判の確定判決と同じだけの効力があるとされています。


調停調書の内容は変更申請を出したり、
不服の申し立てを行なったりすることが出来ません。

つまり離婚調停の結果として一生残るものなので
調停調書が製作される前に調停内容を
しっかり確認しておくことが必要になってくるのです。


この調停調書が完成しなければ離婚調停による離婚は成立しません。


調停が不調に終わった場合不調調書というものが製作され、
双方合意の上で調停調書が製作されるまで離婚調停は続くのです。

逆に言えば調停調書という離婚に必要な結果さえ出れば、
直ぐに離婚ができるので、
親権などを含め自身に有利な状態での離婚を目指す場合、
妥協をせず粘り強く調停を進めることが推奨されています。
長い期間を掛けて調停調書を製作しなくても
協議離婚によって離婚を成立させることも可能といえば可能なので、
出来そうなら家庭裁判所を間に挟まずに
夫婦間で離婚協議を終了させてしまうことが望ましいと言えるでしょう。


離婚調停の結果は書類として残るのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停における、戸籍の手続き

離婚調停における、戸籍の手続き

離婚調停を行うと、当然戸籍の問題がついてまわります。

しかし、離婚調停で離婚が成立するだけでは、
何も変化はありません。

離婚調停以降の流れをスムーズに終わらせるために、
手続きについて知っておいたほうが良いでしょう。


離婚調停が成立した場合、
戸籍に離婚調停を行った旨が記載されることになります。
そして、夫婦は別々になり、
統一した姓ではないほうが抜ける事となります。


離婚調停が成立してから10日以内に、
申立人が離婚届と、調停調書の謄本を市区町村役場に提出します。

これを怠ると、3万円の過料が課される決まりがあります。
(実際に行使されることはほとんどないようです)

なお、離婚調停が成立してから3ヶ月以内であれば、
婚姻中の姓に戻すことも可能です。


子どもがいた場合は、
離婚が成立しても子どもの戸籍が変わることはありません。

もし子どもの戸籍を変えたい場合には手続きが必要となります。


まず、子どもの氏の変更許可申立書を、
家庭裁判所に提出する必要があります。

この手続きは、離婚で姓が別になった親子が、
苗字を名乗るために子どもの氏を変更するものです。
市区町村役場で入籍届を提出すれば、姓が同じになります。
親権を得た親が届け出ることがほとんどですが、
子どもが15歳以上の場合は自身で手続きを行うことも可能です。


戸籍の問題は手続きが厄介で難しいと感じることもあるかもしれません。
しかし、はやく問題をクリアにしたうえで新たな生活を送るのが良いでしょう。


離婚調停における、戸籍の手続きのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停と交際について

離婚調停と交際について

離婚調停にまで至る原因の一つに、
相手の浮気の交際期間の長さが上げられます。


一般的には、一年以上、相手に浮気の交際期間がある場合、
離婚の条件の一つになります。


相手への慰謝料の請求根拠ともなりえます。


離婚調停は、順調に進めばよいのですが、
何分相手があってのことなので離婚の根拠となるもの、
相手が反論できない証拠となるようなものを、
しっかりと抑えておくことがポイントになります。
そうすることで、離婚調停をより優位に順調に進めることができます。


相手の浮気交際が、なんとなく感じられたときが、
証拠集めの始め時です。
女のカンというものが働いたときとでもいいましょうか。

そうして、離婚調停を有利にすすめることで、
精神的にもさっぱりとした気分になれることでしょう。


慰謝料の請求や財産分与、養育費の請求なども含めて、
常に相手の上をいく条件を提示することが、
傷ついたあなたへのせめてもの代償となるはずです。


離婚調停を有利に進めることは、
あなたの未来への展望を明るく照らしてくれるものです。


離婚調停に、遠慮は禁物です。
もらうべきものは、しっかりと要求して、
綺麗さっぱり、婚姻関係を清算しましょう。


傷ついたのはあなたの方なのですから。


そして、また、違う道を歩き出す第一歩の条件を整えることにもつながるのですから。


決して、離婚調停で負けないでください。
情に流されてはいけません。
あなたの優位は確固たる証拠に守られているのです。


離婚調停と交際についてのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停が再度行われるケース

離婚調停が再度行われるケース

離婚調停は、一般的に離婚を視野に入れた話し合いの場です。

しかし離婚調停の多くは、夫婦互いの意見を調停員が聞き、
互いにとって最も円満な解決の道を模索するのです。
そのため結審が、離婚の方向性で必ずしも終わらないことが多々あるのです。


特に女性が仕事を持っておらず、
離婚して完全に自活していける見込みがない場合は、
調停員から和解して、夫と再び同居の道を勧められることがあるのです。


しかし女性にとって夫との生活は苦痛のなにものでもなく、
やむを得ず別居の形式をとる事があるのです。

しかし別居に際しては、
夫から生活費を自分の口座に振り込んでもらう必要が生じ、
いつまでも夫と接点を持ち続けなければいけないのです。

次第に夫の方も、
同居しないのに生活費を延々と振り込むことに
疑問を持ち始めたりするのです。
場合によっては、夫が口座に生活費を振り込まなくなる場合があるのです。


こうした場合、再度離婚調停を行い、
再度円満解決の方法を離婚調停員が模索して行くのです。

しかし再度離婚調停を行ってみて、
夫がもうこれ以上別居状態のままで生活費を振り込めないと言えば、
いよいよ離婚裁判をしなければいけません。

しかし離婚裁判では、
女性が自分が思うように財産を取れない場合があります。

また財産が貰えず離婚という形で結審されてしまうと、
女性は何が何でも働いて自活して行かなければいけません。


こうした最悪の事態に陥らない為に、
離婚調停が始まる前から自活の道、
働く所等を自分できちんと決め、
自活できるように事前に準備しておくことが大切です。


離婚調停が再度行われるケースのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停と、再婚時の注意

離婚調停と、再婚時の注意

現在、我が国では約20万のカップルが離婚をしています。


両者が離婚をすることに同意して婚姻が解消される協議離婚といいます。
協議離婚ができないとき、
つまり、両者の意見が対立してしまったときは、
家庭裁判所を通じて、離婚調停を行うことになります。


離婚調停では、
普通、第三者(調停委員)を交えて話し合いを行うことです。
ですから、裁判とは少々違います。

裁判は、とても多額の費用が掛かります。
併せて手続きも煩雑です。


そこで、裁判の前に、話し合いで解決できるならば、
まずは当事者と第三者で努力し、
それでも交渉が決裂(調停が不調に終わったら)、
裁判へということになります。

これを、調停前置主義ともいいます。


離婚調停では、
それぞれはなぜ離婚をしたいのか、
なぜ離婚をしたくないのか、
相手の言い分は何なのかをしっかりと調べ、自分の意見を持つ必要があります。

そして、それを第三者である調停委員の人に正確に伝わるように努力しましょう。

調停委員は裁判官とは違います。

法律論ではなくて、離婚へ至る切実な思い、
離婚をしたくない正当な理由などを感情も込めて伝えなくてはなりません。


離婚調停は、裁判における判決とは違って、
その結果が必ずしも強制されることはありません。
ですから、不服の場合は裁判へという形をとることになります。


ところで、離婚調停で婚姻の解消が成立して他の人と再婚し、
新しい人生を歩もうと思っている人も多いかと思います。


この場合、離婚調停直後に妊娠が発覚したときに、
どちらの配偶者の子どもなのか、問題になることもあります。

女性の場合は、
離婚をしてから6ヶ月以内に再婚することは認められていません。

ただし、前の夫と再び結婚するか、
医師の診断で妊娠する可能性がないという診断書を提示した場合、
離婚前から妊娠は発覚していて出産後に再婚する場合などは、
直後でも再婚を認められることがあります。


離婚調停と、再婚時の注意のご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

借金を理由に離婚調停を行う場合

借金を理由に離婚調停を行う場合

日本国内では、当事者となる夫婦での話し合いを行う事で、
婚姻関係を解消可能に出来る協議離婚が認められていると言います。


協議離婚と言うのは、
双方が離婚をしたいと言う共通の意志があれば、
離婚理由に関係なく離婚が成立します。


また、借金を抱えている場合など、
夫の借金が理由で離婚をしたいと言う事であっても、
成立するのだと言います。


ですが、
夫の借金が理由で離婚をしたいと願うのが妻である側だけの場合、
協議離婚は成立はしないのです。


この場合は、離婚調停を行う事で離婚が成立するケースが出てきます。


離婚調停というのは、
第三者でもある裁判所で行うもので、
家庭裁判所の中で離婚調停を行い審判を得る事になります。

多くの場合、弁護士などが間に入り、
離婚調停を行う事になりますが、
調停離婚では調停委員となる第三者が介入して行う事になります。


但し、弁護士や調停委員などの第三者が介入したとしても、
話し合いを行う事で審判を得る事になります。


夫が離婚することを拒み続けている場合などでは、
法廷で審判を得る事になりますが、
裁判離婚ともなると民法で定めた離婚理由が必要になってくるのです。


一般的に離婚調停での離婚理由には、
不貞行為、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、強度の精神病、
婚姻を継続しがたい重大な理由が存在している場合などであり、
これらのいずれかに該当している場合、
離婚調停においての審判を得る事が出来ると言われているのです。


借金を理由に離婚調停を行う場合のご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停における証拠の重要性

離婚調停における証拠の重要性

裁判において、大きく影響を与えるもののひとつに、証拠があります。


もちろん、離婚調停は裁判ではありません。
しかし、離婚調停においても、証拠があるのとないのとでは、
その結果は大きく変わるかもしれません。
裁判に裁判官がいるように、離婚調停には調停委員というのがいます。
本来は中立であるこの調停委員を、いかにして自分の側に引き込むか、
その手段のひとつとして、証拠があるのです。


では、離婚調停においては、どんな調停に有効になってくるのでしょうか。
例えば、親権に関する調停の際には、これが大きくものをいってきます。
通常の離婚調停の場合、どちらの当事者も親権を自分側に主張してきます。


そこでもし、相手方が子供に対して暴力を振るったりなど、
あまりよくないことをしている証拠というものがあれば、
朝廷委員も、相手に親権を与えるのは、少しためらいます。


また、浮気が原因の離婚調停といった場合、それこそ証拠は重要になってきます。


しかし、それを入手することは、素人にはなかなかできることではありません。


そこで、一般的には調査会社、いわゆる探偵に調査を依頼します。


探偵が備考などを行った結果、
浮気の現場を押さえた写真や動画などを手にしたのです。


それらを含めた「報告書」というのも、探偵では作ってくれます。
この報告書も、離婚調停では当然ながら有効になってきます。
実際のやり取りの場合、
最後にこういった報告書を突き出したほうが、より効果的です。


離婚調停における証拠の重要性のご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停がスムーズに運ばないケース

離婚調停がスムーズに運ばないケース

離婚調停は離婚裁判の前に形式的に行われることがあります。


離婚調停で夫婦両者が離婚を希望し、
離婚後の条件面ばかりを強く主張した場合、
調停では条件について争える場所ではないことから
スムーズに離婚調停が終結します。


そして早い段階でその話し合いが離婚裁判に持ちこされていくのです。


しかし離婚調停において両者の言い分が完全に食い違う場合があります。


それは一方が離婚したいと主張し、
もう一方が夫婦仲良くし再び同居したいと主張した場合、
離婚調停はスムーズには運んでは行きません。

スムーズに運ぶどころか、
長い期間かけて度々調停が執り行われるのです。


調停員は両者の言い分を良く噛み砕き、
両者が円満に解決できる方法を模索していきます。
しかし、離婚したいという意思が非常に強く、
離婚の決意が強く固まっていている者にとっては、
長期に及ぶ離婚調停そのものが無駄な時間と労力になってしまう訳なのです。


そうした場合、離婚を心に固く決めている者は、
次第に離婚調停に出廷しなくなる場合があるのです。

こういう事態になってしまうと、後は離婚を争点に、
離婚裁判を起こすしかありません。


また離婚調停の調停員はあくまでも夫婦が円満に解決することを目指すので、
本当に離婚したい人にとっては非常に不利な話し合いに感じてしまう事があるのです。

しかしそこでイライラして声を荒げたり、
調停員に対し失礼な態度をとってはいけません。

何故なら、
ますます自分にとって不利な話になっていく可能性があるからなのです。


離婚調停がスムーズに運ばないケースのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成