So-net無料ブログ作成
離婚調停とは ブログトップ
前の10件 | -

費用を払っても離婚調停に弁護士を

費用を払っても離婚調停に弁護士を

夫婦というのが円満にいけば、それは理想的なものです。
しかし、世の中そんなにうまく行くとは限りません。
よんどころない事情で、離婚をしなければならないということもあります。

当事者同士が納得したうえで、離婚届にサインをすれば、
それはそれで丸く収まります。

しかし、中にはうまく行かない場合もあります。
そういったときには、離婚調停という方法があります。


離婚調停というのは、
本来は当事者同士で問題の解決をはかろうという目的です。
ただし、そこに第三者が入るのが、通常の話し合いとは異なるところです。
その第三者というのは、家庭裁判所。


離婚調停にまでもつれ込むには、様々な理由があります。
財産分与のことやお子さんの親権のこともあります。
そもそも、一方が離婚を望んでいない場合にも、
離婚調停にもつれ込む場合があります。

そういったときに、よく離婚調停に弁護士を同席させる人がいます。
もちろん、弁護士もボランティアで行っているわけではありません。
費用が発生します。
準備書面の作成費用や、陳述書の作成費用というのも含まれております。


しかし、そもそも当事者同士の話し合いに、
弁護士が入って離婚調停をするというのは望ましいことなのでしょうか。

通常の離婚調停の場合には、あまりおすすめできません。


ただし、お子さんの親権にかかわり、
切羽詰った状況であるときというのは弁護士をつけたほうがいいでしょう。
また、相手の顔も見たくないという場合には、
代理人としての弁護士も有効な場合もあります。


費用を払っても離婚調停に弁護士をのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停をする前に慰謝料を考える

離婚調停をする前に慰謝料を考える

離婚をすることはとても残念なことですが、
修復が難しい場合は離婚という選択も必要となってきます。


夫婦が話し合って離婚の合意がされれば問題ないですが、
話し合いで合意が得られない場合には離婚調停という形をとります。


離婚調停では第三者を交えて家庭裁判所で協議が行われます。


それでも話がまとまらない場合においては、
裁判で離婚の可否を判断してもらいます。
離婚調停をする前に、具体的な条件を明確にしておくと良いです。

慰謝料は最低いくらか、
親権や交渉権についても具体的に考えておくと良いです。


慰謝料やその他の条件などをきちんとまとめ、
明記したリストを用意すると良いです。


離婚調停は長期にわたって続くので、
途中で同情や妥協がうまれて気持ちがぶれてしまうことがあります。


結果の内容によって、その後の人生が大きく変わることになります。


後々後悔しないためにも、
はじめに思い描いた条件を頭に入れておくことが大切です。

離婚については感情的になることが多く、
離婚調停をしようとしているということは、
話し合いがうまくいっていないという状況なので、
なおさら感情的になってしまいます。


離婚調停は長期にわたって行い、疲労やストレスを感じています。

第三者に相談をして冷静になったり、安心を得たりすることは有効です。


離婚調停を申し込む際は、
申込書に対象者の情報や円満調停か関係解消か、
動機や慰謝料などの金額を明記して、
相手の住所地にある家庭裁判所に提出します。


離婚調停をする前に慰謝料を考えるのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

DV相手との離婚調停について

DV相手との離婚調停について

夫婦の関係がこじれて、
残念ながら離婚調停という人も世の中にはいます。


では、相手に対して離婚調停の申し立てをすることはできるのでしょうか。
それはもちろん可能です。

具体的にどのように離婚手続きの申し立てをすればいいのでしょうか。


まずは、管轄している家庭裁判所に行きましょう。
そして家庭裁判所の窓口で離婚調停の申立書というのをもらって記入をしてください。
離婚調停の申立書というと、とても複雑なのではと思いますがそんなことはありません。

記入例というのもあります。

それでも万が一分からないというのであれば、
窓口にいる人に書き方を質問すればいいだけです。

窓口の人も、離婚調停の申立書には慣れっこですので教えてくれます。

もし、管轄の家庭裁判所が遠方だという場合や、
その他の事情で申立書を取りに行けないという場合にはどうすればいいのでしょうか。

心配はいりません。

郵送で送ってくれもしますし、
裁判所のホームページからダウンロードをすることもできます。

家で記入をして、それを管轄している家庭裁判所に
郵送をすればいいだけですので簡単です。


ただし、できることならば郵送をお願いする前に、
一度管轄の家庭裁判所に電話をすることをおすすめします。

また、DVなどで相手から逃げてきて、
離婚調停の際に相手に住所を知られたくない、という場合もありますよね。

そういう場合には、その旨を受付の際に言っておきましょう。
考慮してくれます。


DV相手との離婚調停についてのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停における相手方とは

離婚調停における相手方とは

離婚調停とは夫婦関係調整調停のひとつであり裁判所で行われます。


離婚のなかには協議離婚・調停離婚・裁判離婚などの種類があげられますが、
一般的に当事者同士の合意のもとに行われる離婚は協議離婚といわれ、
離婚のうちの90%程度がこれだといわれています。


ところが離婚したいという意思が片方にしかない場合、
またはその話し合いが家庭で行えない場合
(相手が一緒に住んでおらず会えない、話し合おうとしない、
意見がまとまらないなど)といった場合に、
この離婚調停の申し立てをすることによって、
第三者をはさんで話し合いと意見の調整をすすめていくわけです。


この時、離婚調停の申し立てをした側(調停を依頼した側)は、
申し立て側、そしてその相手を相手方といいます。

離婚調停において、
基本的に申し立て側と相手方は同席することはありません。


男性と女性一名ずつの調停委員がそれぞれに話を聞き、
離婚にむけての財産分与や慰謝料、
子供がいる場合には親権や養育費などを決める手助けをしてくれます。

また離婚にあたって何をきめればよいのかが分からない場合などにも
道筋を教えてくれるでしょう。

おおむね月に一度離婚調停のために裁判所を訪れて、
申立人は調停委員に意見を伝え、
それを今度は調停員が相手方につたえることによって、
離婚調停をすすめていきます。


客観的な第三者をはさむことによって、
冷静に話し合いが進めていけるというメリットがありますが、
基本的に離婚調停は平日に行われますので
仕事に支障をきたしてしまう場合もあります。


離婚調停における相手方とはのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停と円満調停の違い

離婚調停と円満調停の違い

夫婦関係がうまく行かない場合、
もし当事者同士で話し合ってもらちが開かない場合には、
家庭裁判所に持ち込みます。


家庭裁判所では調停をしてくれるのですが、
それが全て離婚調停というわけではありません。
離婚調停というのは、家庭裁判所が行ってくれる調停の結果のひとつです。


家庭裁判所で行う調停は、離婚調停ではなく、
「夫婦関係調整調停」といわれています。
その結果の1つのことを「円満調停」と言います。
円満調停とは別の結果のことを、「離婚調停」と言います。


では、円満調停というのは何をするのでしょうか。


これは、離婚をさせることを目指していくものではありません。
家庭裁判所で風に対して、何とか離婚をせずに回避してやっていきましょう、
と話し合いをさせる場のことを言います。


その際、家庭裁判所側から「調停委員」という人も同席します。

調停委員からは、離婚をするとこのような問題が発生するとか、
こんな苦労があるというようなことを言われる場合もあります。

つまり、離婚のデメリットです。

それをよく踏まえたうえで、
本当に離婚調停に踏み切ってもいいのかということを、当事者に問うものなのです。


これでうまく行けば、調停調書というものが作成されます。
裁判所で作成されたものだからといって、強制されるものではありません。
離婚したところで罰則はありません。


ただし、家庭裁判所で改めて話し合うことで、
離婚調停に向けて感情的に熱くなっている頭を、
少しクールダウンさせようという意味合いもあるのです。


離婚調停と円満調停の違いのご紹介でした


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停の日程を延期したい場合は

離婚調停の日程を延期したい場合は

夫婦関係というのは、全ての夫婦がうまくとは限りません。
性格の不一致や価値観の相違、経済的理由など、様々な理由で夫婦間に溝ができてしまうということは、
よくあることです。


夫婦間でよく話し合った結果、何とかよりを戻すという結果になれば、それはすばらしいことです。
しかし、それでもうまく行かない場合には、家庭裁判所へ行くことになります。


つまり、離婚調停です。

離婚調停は、当事者同士の話し合いをする場所となっております。
ですので、離婚調停の場には、当事者同士が出席をすることが原則となっております。

もちろん、相手からのDVで苦しんでいるなどで、
顔も見たくないというような理由がある場合には、出席を強制するものではありません。
その場合には、代理人として弁護士などの出席ということも可能なのです。


ただし、それ以外での欠席というのは、なかなか難しいものがあります。
正当な理由がなく、離婚調停に無断で欠席をしてしまうと、「科料」が科せられてしまいます。
しかし、どうしても仕事の都合などで出席できないという場合がありますよね。
そういった場合には、離婚調停の日程を延期してもらうということもできます。
延期に際しては、別に電話一本でも構いません。
延期の知らせが、裁判所から書面で知らされるということもありません。
ただし、正当な理由がないといけません。


しかし、だからといって離婚調停がなくなるわけではありません。
あくまでも延期ですので、後日改めて日時が家庭裁判所から知らされてきます。


離婚調停の日程を延期したい場合はのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停と円満調停について

離婚調停と円満調停について

夫婦間の関係が悪化しており、当人同士では修復が難しい場合において、
家庭裁判所で行う調整調停があります。

離婚調停は離婚をしたいという意志があるが、
相手の合意を得られない場合において、
離婚をするために調停をします。


離婚調停は離婚を前提とした話し合いとなりますが、
円満調停は離婚をしないで修復していこうという話し合いとなります。


離婚をすることはさまざまな問題を生じます。


子供がいれば親権問題や養育費などがあり、
慰謝料などの問題もあります。

修復がどうしても無理であったり、相手からひどい対応をうけたりして、
一緒にいることが辛い状況であれば、
離婚調停も仕方がないことだと感じます。


無理して生活を続けるよりも、
双方にとってその後の人生が良くなるならば、
離婚調停を申し立て話し合いをすると良いです。

しかし、関係が悪化しているものの、
修復をはかりたい場合においては、円満調停が良いです。


子供のために離婚をしたくない場合があったり、
話し合いをしてもすぐに喧嘩になってしまい、
話がまとまらない場合において、
家庭裁判所において第三者を交えて話し合いをすると、
冷静になって話しがまとまる場合もあります。


離婚調停を前提として考えている人は、
本当に円満な解決ができないのか、
もう一度よく考えると良いです。


夫婦の関係修復を再度試してから、
それでも駄目なら離婚の選択ということにすれば良いです。


離婚問題は感情的になりやすいので、
一度冷静になって離婚調停か円満調停か検討すると良いです。


離婚調停と円満調停についてのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

夫婦の円満解決のための離婚調停

夫婦の円満解決のための離婚調停

離婚調停とは裁判とは違います。


夫婦間のトラブルがどのようにしていけば、
互いが円満解決になるかを模索し、
話し合いを進めるものなのです。

しかし離婚調停とは、夫婦のどちらかが離婚したい、
別れて暮らしたいと思っているために協議されるものです。


しかし両者が違う考えや頑なな意思を持っていると円満解決には至りません。

話し合いが、いつまでたっても別れたい、別れたくないの並行線をたどり、
一向に離婚調停が終結を迎えないのです。
そうした場合は調停ではなく、
次のステージである離婚裁判に持って行くしか方法がありません。

特にDV被害でどうしても同居が難しいと調停員が判断した場合は、
円満解決ではなく離婚裁判を勧められる場合もあるのです。


しかしちょっとした夫婦のボタンの掛け違いで起こった、
夫婦間のトラブルなどは、離婚調停の話し合いによって、
夫婦が互いに反省し円満解決に至るケースが多いのです。


今まで亭主関白で封建的だった夫が、
妻の本音や苦しみを初めて知って反省し、
妻に謝罪する事で再び一緒に生活をして行くケースもあるのです。


また離婚してしまうと経済的に先々不安な為に離婚と言う極論は避け、
別居生活で夫婦関係を続けて行きたいと思っている人などは、
離婚調停が非常に助けとなり、役立ってくれる場合があるのです。


夫婦間での話し合いは感情論ばかりになってしまい、
うまく話し合いが進まないことが多いものです。

そのような場合には離婚調停に話し合いの場を持って行くのも一つの方法です。


夫婦の円満解決のための離婚調停のご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停後の期限とは何を指すのか

離婚調停後の期限とは何を指すのか

夫婦双方が離婚に同意しているようであれば、
離婚届を出し即座に離婚を成立させることが可能ですが、
夫婦の内片方が離婚を望んでいても、
もう片方が離婚を望んでいない場合、
離婚調停により離婚を目指す必要が出てきます。


離婚調停にかかる期間は、
当事者双方の主張する内容によってだいぶ変わってきますが、
離婚調停終了後の調停調書の謄本、
または抄本を含めた届出書の提出期限は
決められているため注意が必要です。


離婚調停終了後に家庭裁判所では
調停調書という書類が製作されます。

これは本調停により離婚すると記載された、
公的な書類となっているのですが離婚を完了させるためには、
この調停調書が記載されている謄本や抄本とは別に、
届出書を市区町村の戸籍担当窓口に出す必要があるのです。


この届出書の提出期限が調停成立の日から、
10日以内となっているため注意を払う必要があり、
調停調書の謄本または抄本の取得に日数がかかる場合は、
謄本が必要な理由などを説明し急いでもらうことも必要となります。


離婚調停が終われば、
その場で離婚が成立するというわけではないことを頭に入れ、
届出書の提出期限に送れないよう離婚調停の翌日からでも動くことを推奨します。


一般的な離婚調停は開始から終了まで、
半年から1年程度の期間がかかると言われていますが、
離婚調停の長さに関係なく届出書の提出期限は一律に、
10日以内となっているため調停成立後、
真っ先に行なわなければならないこととして認識しておいてください。


離婚調停後の期限とは何を指すのかのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

離婚調停の期日とその流れ

離婚調停の期日とその流れ

離婚調停をするには、まず家庭裁判所に申立てを行います。

調停申立書には、「暴力をふるう」、「家庭を顧みない」、
「生活費を渡さない」など、申立ての動機を記入します。

離婚調停申立書はどこの家庭裁判所にも置いてあります。


離婚申立書を、申立てをする相手の住む家庭裁判所か、
夫婦が合意して決めた家庭裁判所に提出します。

受理されると、1ヶ月ほどで調停の期日が決められて、
両者に調停期日呼出状が送付されます。
どうしても都合が付かない場合には、
期日変更申請書を提出します。


1回目の調停の後、月に1回程度、離婚調停が開かれます。


半年以上調停を繰り返しても調停が成立しない場合には、
調停不成立となり取り下げられることもあります。

しかし8割前後は半年以内に離婚調停が成立しています。


調停では弁護士は介在しません。

調停委員と呼ばれる人たちによって、話し合いが進められます。


離婚だけでなく、離婚に関わる親権や養育費、
財産分与、慰謝料などについても調停で解決することができます。

また、調停で離婚まで成立させたい場合には協議離婚となり、
調停で離婚届に署名捺印することもあります。

相手が離婚調停に応じないような場合には、
離婚の裁判をすることになります。

しかし、裁判にまで行く前に、離婚調停をするということになっています。


離婚調停で離婚が成立しなかった場合や、
相手が行方不明などの場合については、
裁判を起こすことになります。


離婚を考える場合、調停の手続きや流れなどについて、
最寄の家庭裁判所に相談してみると良いでしょう。


離婚調停の期日とその流れのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の10件 | - 離婚調停とは ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成