So-net無料ブログ作成

費用を払っても離婚調停に弁護士を

費用を払っても離婚調停に弁護士を

夫婦というのが円満にいけば、それは理想的なものです。
しかし、世の中そんなにうまく行くとは限りません。
よんどころない事情で、離婚をしなければならないということもあります。

当事者同士が納得したうえで、離婚届にサインをすれば、
それはそれで丸く収まります。

しかし、中にはうまく行かない場合もあります。
そういったときには、離婚調停という方法があります。


離婚調停というのは、
本来は当事者同士で問題の解決をはかろうという目的です。
ただし、そこに第三者が入るのが、通常の話し合いとは異なるところです。
その第三者というのは、家庭裁判所。


離婚調停にまでもつれ込むには、様々な理由があります。
財産分与のことやお子さんの親権のこともあります。
そもそも、一方が離婚を望んでいない場合にも、
離婚調停にもつれ込む場合があります。

そういったときに、よく離婚調停に弁護士を同席させる人がいます。
もちろん、弁護士もボランティアで行っているわけではありません。
費用が発生します。
準備書面の作成費用や、陳述書の作成費用というのも含まれております。


しかし、そもそも当事者同士の話し合いに、
弁護士が入って離婚調停をするというのは望ましいことなのでしょうか。

通常の離婚調停の場合には、あまりおすすめできません。


ただし、お子さんの親権にかかわり、
切羽詰った状況であるときというのは弁護士をつけたほうがいいでしょう。
また、相手の顔も見たくないという場合には、
代理人としての弁護士も有効な場合もあります。


費用を払っても離婚調停に弁護士をのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成