So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停をする前に慰謝料を考える

離婚調停をする前に慰謝料を考える

離婚をすることはとても残念なことですが、
修復が難しい場合は離婚という選択も必要となってきます。


夫婦が話し合って離婚の合意がされれば問題ないですが、
話し合いで合意が得られない場合には離婚調停という形をとります。


離婚調停では第三者を交えて家庭裁判所で協議が行われます。


それでも話がまとまらない場合においては、
裁判で離婚の可否を判断してもらいます。
離婚調停をする前に、具体的な条件を明確にしておくと良いです。

慰謝料は最低いくらか、
親権や交渉権についても具体的に考えておくと良いです。


慰謝料やその他の条件などをきちんとまとめ、
明記したリストを用意すると良いです。


離婚調停は長期にわたって続くので、
途中で同情や妥協がうまれて気持ちがぶれてしまうことがあります。


結果の内容によって、その後の人生が大きく変わることになります。


後々後悔しないためにも、
はじめに思い描いた条件を頭に入れておくことが大切です。

離婚については感情的になることが多く、
離婚調停をしようとしているということは、
話し合いがうまくいっていないという状況なので、
なおさら感情的になってしまいます。


離婚調停は長期にわたって行い、疲労ストレスを感じています。

第三者に相談をして冷静になったり、安心を得たりすることは有効です。


離婚調停を申し込む際は、
申込書に対象者の情報や円満調停か関係解消か、
動機や慰謝料などの金額を明記して、
相手の住所地にある家庭裁判所に提出します。


離婚調停をする前に慰謝料を考えるのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択