So-net無料ブログ作成

離婚調停における相手方とは

離婚調停における相手方とは

離婚調停とは夫婦関係調整調停のひとつであり裁判所で行われます。


離婚のなかには協議離婚・調停離婚・裁判離婚などの種類があげられますが、
一般的に当事者同士の合意のもとに行われる離婚は協議離婚といわれ、
離婚のうちの90%程度がこれだといわれています。


ところが離婚したいという意思が片方にしかない場合、
またはその話し合いが家庭で行えない場合
(相手が一緒に住んでおらず会えない、話し合おうとしない、
意見がまとまらないなど)といった場合に、
この離婚調停の申し立てをすることによって、
第三者をはさんで話し合いと意見の調整をすすめていくわけです。


この時、離婚調停の申し立てをした側(調停を依頼した側)は、
申し立て側、そしてその相手を相手方といいます。

離婚調停において、
基本的に申し立て側と相手方は同席することはありません。


男性と女性一名ずつの調停委員がそれぞれに話を聞き、
離婚にむけての財産分与や慰謝料、
子供がいる場合には親権や養育費などを決める手助けをしてくれます。

また離婚にあたって何をきめればよいのかが分からない場合などにも
道筋を教えてくれるでしょう。

おおむね月に一度離婚調停のために裁判所を訪れて、
申立人は調停委員に意見を伝え、
それを今度は調停員が相手方につたえることによって、
離婚調停をすすめていきます。


客観的な第三者をはさむことによって、
冷静に話し合いが進めていけるというメリットがありますが、
基本的に離婚調停は平日に行われますので
仕事に支障をきたしてしまう場合もあります。


離婚調停における相手方とはのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成