So-net無料ブログ作成

離婚調停の日程を延期したい場合は

離婚調停の日程を延期したい場合は

夫婦関係というのは、全ての夫婦がうまくとは限りません。
性格の不一致や価値観の相違、経済的理由など、様々な理由で夫婦間に溝ができてしまうということは、
よくあることです。


夫婦間でよく話し合った結果、何とかよりを戻すという結果になれば、それはすばらしいことです。
しかし、それでもうまく行かない場合には、家庭裁判所へ行くことになります。


つまり、離婚調停です。

離婚調停は、当事者同士の話し合いをする場所となっております。
ですので、離婚調停の場には、当事者同士が出席をすることが原則となっております。

もちろん、相手からのDVで苦しんでいるなどで、
顔も見たくないというような理由がある場合には、出席を強制するものではありません。
その場合には、代理人として弁護士などの出席ということも可能なのです。


ただし、それ以外での欠席というのは、なかなか難しいものがあります。
正当な理由がなく、離婚調停に無断で欠席をしてしまうと、「科料」が科せられてしまいます。
しかし、どうしても仕事の都合などで出席できないという場合がありますよね。
そういった場合には、離婚調停の日程を延期してもらうということもできます。
延期に際しては、別に電話一本でも構いません。
延期の知らせが、裁判所から書面で知らされるということもありません。
ただし、正当な理由がないといけません。


しかし、だからといって離婚調停がなくなるわけではありません。
あくまでも延期ですので、後日改めて日時が家庭裁判所から知らされてきます。


離婚調停の日程を延期したい場合はのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成