So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停と円満調停について

離婚調停と円満調停について

夫婦間の関係が悪化しており、当人同士では修復が難しい場合において、
家庭裁判所で行う調整調停があります。

離婚調停は離婚をしたいという意志があるが、
相手の合意を得られない場合において、
離婚をするために調停をします。


離婚調停は離婚を前提とした話し合いとなりますが、
円満調停は離婚をしないで修復していこうという話し合いとなります。


離婚をすることはさまざまな問題を生じます。


子供がいれば親権問題や養育費などがあり、
慰謝料などの問題もあります。

修復がどうしても無理であったり、相手からひどい対応をうけたりして、
一緒にいることが辛い状況であれば、
離婚調停も仕方がないことだと感じます。


無理して生活を続けるよりも、
双方にとってその後の人生が良くなるならば、
離婚調停を申し立て話し合いをすると良いです。

しかし、関係が悪化しているものの、
修復をはかりたい場合においては、円満調停が良いです。


子供のために離婚をしたくない場合があったり、
話し合いをしてもすぐに喧嘩になってしまい、
話がまとまらない場合において、
家庭裁判所において第三者を交えて話し合いをすると、
冷静になって話しがまとまる場合もあります。


離婚調停を前提として考えている人は、
本当に円満な解決ができないのか、
もう一度よく考えると良いです。


夫婦の関係修復を再度試してから、
それでも駄目なら離婚の選択ということにすれば良いです。


離婚問題は感情的になりやすいので、
一度冷静になって離婚調停か円満調停か検討すると良いです。


離婚調停と円満調停についてのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択