So-net無料ブログ作成
検索選択

夫婦の円満解決のための離婚調停

夫婦の円満解決のための離婚調停

離婚調停とは裁判とは違います。


夫婦間のトラブルがどのようにしていけば、
互いが円満解決になるかを模索し、
話し合いを進めるものなのです。

しかし離婚調停とは、夫婦のどちらかが離婚したい、
別れて暮らしたいと思っているために協議されるものです。


しかし両者が違う考えや頑なな意思を持っていると円満解決には至りません。

話し合いが、いつまでたっても別れたい、別れたくないの並行線をたどり、
一向に離婚調停が終結を迎えないのです。
そうした場合は調停ではなく、
次のステージである離婚裁判に持って行くしか方法がありません。

特にDV被害でどうしても同居が難しいと調停員が判断した場合は、
円満解決ではなく離婚裁判を勧められる場合もあるのです。


しかしちょっとした夫婦のボタンの掛け違いで起こった、
夫婦間のトラブルなどは、離婚調停の話し合いによって、
夫婦が互いに反省し円満解決に至るケースが多いのです。


今まで亭主関白で封建的だった夫が、
妻の本音や苦しみを初めて知って反省し、
妻に謝罪する事で再び一緒に生活をして行くケースもあるのです。


また離婚してしまうと経済的に先々不安な為に離婚と言う極論は避け、
別居生活で夫婦関係を続けて行きたいと思っている人などは、
離婚調停が非常に助けとなり、役立ってくれる場合があるのです。


夫婦間での話し合いは感情論ばかりになってしまい、
うまく話し合いが進まないことが多いものです。

そのような場合には離婚調停に話し合いの場を持って行くのも一つの方法です。


夫婦の円満解決のための離婚調停のご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択