So-net無料ブログ作成

離婚調停後の期限とは何を指すのか

離婚調停後の期限とは何を指すのか

夫婦双方が離婚に同意しているようであれば、
離婚届を出し即座に離婚を成立させることが可能ですが、
夫婦の内片方が離婚を望んでいても、
もう片方が離婚を望んでいない場合、
離婚調停により離婚を目指す必要が出てきます。


離婚調停にかかる期間は、
当事者双方の主張する内容によってだいぶ変わってきますが、
離婚調停終了後の調停調書の謄本、
または抄本を含めた届出書の提出期限は
決められているため注意が必要です。


離婚調停終了後に家庭裁判所では
調停調書という書類が製作されます。

これは本調停により離婚すると記載された、
公的な書類となっているのですが離婚を完了させるためには、
この調停調書が記載されている謄本や抄本とは別に、
届出書を市区町村の戸籍担当窓口に出す必要があるのです。


この届出書の提出期限が調停成立の日から、
10日以内となっているため注意を払う必要があり、
調停調書の謄本または抄本の取得に日数がかかる場合は、
謄本が必要な理由などを説明し急いでもらうことも必要となります。


離婚調停が終われば、
その場で離婚が成立するというわけではないことを頭に入れ、
届出書の提出期限に送れないよう離婚調停の翌日からでも動くことを推奨します。


一般的な離婚調停は開始から終了まで、
半年から1年程度の期間がかかると言われていますが、
離婚調停の長さに関係なく届出書の提出期限は一律に、
10日以内となっているため調停成立後、
真っ先に行なわなければならないこととして認識しておいてください。


離婚調停後の期限とは何を指すのかのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成