So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停で決着がつかない場合は

離婚調停で決着がつかない場合は

離婚調停というのは夫婦が慰謝料や養育費、親権などを決めることです。

これらは話し合いで決まることがほとんどですが
離婚調停には強制力がないため、
離婚調停で決着がつかない場合は離婚訴訟に発展します。


離婚訴訟というのはいわゆる裁判のことで、
離婚調停でも話し合われた親権問題や養育費、
財産分与などを中心に協議されます。


離婚調停は家庭裁判所にある申立書に必要事項を記入し、
提出するだけで簡単に届出ができます。

その際には離婚を決意した理由や相手方から、
暴力をうけたのであればその診断書、
不貞の証拠などを提出しましょう。


しかし、相手が応じてくれず裁判に発展しそうな場合は、
手の内を明かさない方がよいので、
公表しないように調停委員に伝えておく必要があります。


離婚調停では申し立てから1ヶ月ほどで、
調停の期日を記載した調停期日呼び出し状が送付されてきます。

これは外見からは家庭裁判所とはわからないように届けられます。


調停の日は忘れず、遅刻しないように落ち着いた状態でのぞみましょう。


相手が出席に応じてくれなくても家庭裁判所の方から出頭勧告をしてくれます。


離婚調停では申立人が先に呼ばれて事情を聞かれます。
そこで慰謝料や養育費等の希望を提示し、相手の合意を求めるのです。
離婚には時間も体力もかかります。
戸籍の問題や親族関係にも影響してきます。
離婚調停で決着がつかない場合はさらに長い期間がかかります。


早めに決着をつけたいのであれば、
申し立てまでにしっかりとした証拠などを用意しておくことをおすすめします。


離婚調停で決着がつかない場合はのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択