So-net無料ブログ作成

離婚調停の結果は書類として残る

離婚調停の結果は書類として残る

夫婦間での離婚協議が拗れてしまった場合に、
家庭裁判所に間に入ってもらうことにより司法的な判断を得て、
それを元に離婚を成立させるかさせないかを争うことを離婚調停と言います。


離婚調停は何も嫌がる当事者を
無理矢理に離婚させるというものではありません。
あくまで話し合いを重ね離婚が妥当であるか否かの判断を行なうというものになっています。


離婚調停によって双方納得の上で離婚に合意した場合に
調停調書というものが製作されます。

これは離婚調停の結果を書類として残すという目的で作成されるもので、
裁判の確定判決と同じだけの効力があるとされています。


調停調書の内容は変更申請を出したり、
不服の申し立てを行なったりすることが出来ません。

つまり離婚調停の結果として一生残るものなので
調停調書が製作される前に調停内容を
しっかり確認しておくことが必要になってくるのです。


この調停調書が完成しなければ離婚調停による離婚は成立しません。


調停が不調に終わった場合不調調書というものが製作され、
双方合意の上で調停調書が製作されるまで離婚調停は続くのです。

逆に言えば調停調書という離婚に必要な結果さえ出れば、
直ぐに離婚ができるので、
親権などを含め自身に有利な状態での離婚を目指す場合、
妥協をせず粘り強く調停を進めることが推奨されています。
長い期間を掛けて調停調書を製作しなくても
協議離婚によって離婚を成立させることも可能といえば可能なので、
出来そうなら家庭裁判所を間に挟まずに
夫婦間で離婚協議を終了させてしまうことが望ましいと言えるでしょう。


離婚調停の結果は書類として残るのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成