So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停が再度行われるケース

離婚調停が再度行われるケース

離婚調停は、一般的に離婚を視野に入れた話し合いの場です。

しかし離婚調停の多くは、夫婦互いの意見を調停員が聞き、
互いにとって最も円満な解決の道を模索するのです。
そのため結審が、離婚の方向性で必ずしも終わらないことが多々あるのです。


特に女性が仕事を持っておらず、
離婚して完全に自活していける見込みがない場合は、
調停員から和解して、夫と再び同居の道を勧められることがあるのです。


しかし女性にとって夫との生活は苦痛のなにものでもなく、
やむを得ず別居の形式をとる事があるのです。

しかし別居に際しては、
夫から生活費を自分の口座に振り込んでもらう必要が生じ、
いつまでも夫と接点を持ち続けなければいけないのです。

次第に夫の方も、
同居しないのに生活費を延々と振り込むことに
疑問を持ち始めたりするのです。
場合によっては、夫が口座に生活費を振り込まなくなる場合があるのです。


こうした場合、再度離婚調停を行い、
再度円満解決の方法を離婚調停員が模索して行くのです。

しかし再度離婚調停を行ってみて、
夫がもうこれ以上別居状態のままで生活費を振り込めないと言えば、
いよいよ離婚裁判をしなければいけません。

しかし離婚裁判では、
女性が自分が思うように財産を取れない場合があります。

また財産が貰えず離婚という形で結審されてしまうと、
女性は何が何でも働いて自活して行かなければいけません。


こうした最悪の事態に陥らない為に、
離婚調停が始まる前から自活の道、
働く所等を自分できちんと決め、
自活できるように事前に準備しておくことが大切です。


離婚調停が再度行われるケースのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択