So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停と、再婚時の注意

離婚調停と、再婚時の注意

現在、我が国では約20万のカップルが離婚をしています。


両者が離婚をすることに同意して婚姻が解消される協議離婚といいます。
協議離婚ができないとき、
つまり、両者の意見が対立してしまったときは、
家庭裁判所を通じて、離婚調停を行うことになります。


離婚調停では、
普通、第三者(調停委員)を交えて話し合いを行うことです。
ですから、裁判とは少々違います。

裁判は、とても多額の費用が掛かります。
併せて手続きも煩雑です。


そこで、裁判の前に、話し合いで解決できるならば、
まずは当事者と第三者で努力し、
それでも交渉が決裂(調停が不調に終わったら)、
裁判へということになります。

これを、調停前置主義ともいいます。


離婚調停では、
それぞれはなぜ離婚をしたいのか、
なぜ離婚をしたくないのか、
相手の言い分は何なのかをしっかりと調べ、自分の意見を持つ必要があります。

そして、それを第三者である調停委員の人に正確に伝わるように努力しましょう。

調停委員は裁判官とは違います。

法律論ではなくて、離婚へ至る切実な思い、
離婚をしたくない正当な理由などを感情も込めて伝えなくてはなりません。


離婚調停は、裁判における判決とは違って、
その結果が必ずしも強制されることはありません。
ですから、不服の場合は裁判へという形をとることになります。


ところで、離婚調停で婚姻の解消が成立して他の人と再婚し、
新しい人生を歩もうと思っている人も多いかと思います。


この場合、離婚調停直後に妊娠が発覚したときに、
どちらの配偶者の子どもなのか、問題になることもあります。

女性の場合は、
離婚をしてから6ヶ月以内に再婚することは認められていません。

ただし、前の夫と再び結婚するか、
医師の診断で妊娠する可能性がないという診断書を提示した場合、
離婚前から妊娠は発覚していて出産後に再婚する場合などは、
直後でも再婚を認められることがあります。


離婚調停と、再婚時の注意のご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択