So-net無料ブログ作成

借金を理由に離婚調停を行う場合

借金を理由に離婚調停を行う場合

日本国内では、当事者となる夫婦での話し合いを行う事で、
婚姻関係を解消可能に出来る協議離婚が認められていると言います。


協議離婚と言うのは、
双方が離婚をしたいと言う共通の意志があれば、
離婚理由に関係なく離婚が成立します。


また、借金を抱えている場合など、
夫の借金が理由で離婚をしたいと言う事であっても、
成立するのだと言います。


ですが、
夫の借金が理由で離婚をしたいと願うのが妻である側だけの場合、
協議離婚は成立はしないのです。


この場合は、離婚調停を行う事で離婚が成立するケースが出てきます。


離婚調停というのは、
第三者でもある裁判所で行うもので、
家庭裁判所の中で離婚調停を行い審判を得る事になります。

多くの場合、弁護士などが間に入り、
離婚調停を行う事になりますが、
調停離婚では調停委員となる第三者が介入して行う事になります。


但し、弁護士や調停委員などの第三者が介入したとしても、
話し合いを行う事で審判を得る事になります。


夫が離婚することを拒み続けている場合などでは、
法廷で審判を得る事になりますが、
裁判離婚ともなると民法で定めた離婚理由が必要になってくるのです。


一般的に離婚調停での離婚理由には、
不貞行為、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、強度の精神病、
婚姻を継続しがたい重大な理由が存在している場合などであり、
これらのいずれかに該当している場合、
離婚調停においての審判を得る事が出来ると言われているのです。


借金を理由に離婚調停を行う場合のご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成