So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停がスムーズに運ばないケース

離婚調停がスムーズに運ばないケース

離婚調停は離婚裁判の前に形式的に行われることがあります。


離婚調停で夫婦両者が離婚を希望し、
離婚後の条件面ばかりを強く主張した場合、
調停では条件について争える場所ではないことから
スムーズに離婚調停が終結します。


そして早い段階でその話し合いが離婚裁判に持ちこされていくのです。


しかし離婚調停において両者の言い分が完全に食い違う場合があります。


それは一方が離婚したいと主張し、
もう一方が夫婦仲良くし再び同居したいと主張した場合、
離婚調停はスムーズには運んでは行きません。

スムーズに運ぶどころか、
長い期間かけて度々調停が執り行われるのです。


調停員は両者の言い分を良く噛み砕き、
両者が円満に解決できる方法を模索していきます。
しかし、離婚したいという意思が非常に強く、
離婚の決意が強く固まっていている者にとっては、
長期に及ぶ離婚調停そのものが無駄な時間と労力になってしまう訳なのです。


そうした場合、離婚を心に固く決めている者は、
次第に離婚調停に出廷しなくなる場合があるのです。

こういう事態になってしまうと、後は離婚を争点に、
離婚裁判を起こすしかありません。


また離婚調停の調停員はあくまでも夫婦が円満に解決することを目指すので、
本当に離婚したい人にとっては非常に不利な話し合いに感じてしまう事があるのです。

しかしそこでイライラして声を荒げたり、
調停員に対し失礼な態度をとってはいけません。

何故なら、
ますます自分にとって不利な話になっていく可能性があるからなのです。


離婚調停がスムーズに運ばないケースのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択