So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停中の生活保護について

離婚調停中の生活保護について

離婚調停は、家庭裁判所で調停委員が介入をし、
夫婦別々の意見を聞いて、
お互いの意見を尊重しながら解決の糸口を見出していく手法と言えます。


また、離婚調停は、どちらかが納得をしなければ解決に至りませんので、
長く掛かる事もあると言われているのです。


収入が無く、子供を養いながらアパートを借りて暮らしている女性などは、
生活保護を受けながら離婚調停を行う事になると言います。


しかし、女性が子供を養いながら、
収入も無くアパートを借りて生活をするのはとても大変なことです。


生活保護を受けているとは言っても、
その額はスズメの涙程度となりますので、
アルバイトを行ったりパートを行う必要があります。


しかしながら、法律というものは弱い物の味方としても存在しているものなのです。


まずは、夫婦の合算した収入を元にして、婚費の算出をします。
この算出した額は、夫でもある人から毎月受け取る事が可能になるのです。
これは制度として存在しているもので、離婚調停が長引いたり、
裁判になったりした場合、申し立てを行った期日から請求を可能にしてくれるものなのです。

このような制度を利用する事で苦しい生活を解消する事が可能になると言います。

尚、これは生活保護義務と言うもので、
夫となる人から一定の額の生活費を支払うよう、
離婚調停前の仮処分の申請と言う申し立てを行う事で、
請求を可能にしてくれるのです。

また、弁護士などに離婚調停の依頼を行う事で普通の人には解り難い、
生活保護や生活保護義務などの申し立てを行う事が可能になるのです。

離婚調停中の生活保護についてのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択