So-net無料ブログ作成
検索選択

DVで貯金を持たない妻の離婚調停

DVで貯金を持たない妻の離婚調停

夫の暴力、
ドメスティックバイオレンスによって苦しめられ、
話し合いにもならず、
やむを得ず離婚調停を希望する妻が世の中には結構多いものなのです。


離婚調停まで持ち込めば、日常における生命の危機から解放され、
少し心をなでおろすことができます。

しかしながらドメスティックバイオレンスに長年苦しめられていた妻は、
精神的・肉体的支配だけではなく、
経済的支配を受けていた人が非常に多いものなのです。

そのため、妻の所有品や財産と言えば今現在着ている衣服だけで、
貯金もお金も何もなく財産と言えるものを一切持たせてもらっていないことが非常に多いものなのです。


そのため離婚調停員が、別居の必要性があると認めても、
貯金を一切持っていないことから、
とうて自活できない妻が多いのです。


そのためせっかく調停員が別れて暮らすことを勧めてくれても、
貯金がなく経済的困窮のために泣く泣く夫の元に帰り、
再びドメスティックバイオレンス(DV)の生活が強いられる女性がいるのです。


これは離婚調停でも非常に問題になっている事柄の一つなのです。


このような最悪の事態に陥らない為に、
別居ではなく完全に離婚に向けての裁判を起こす必要があります。

調停では、
なかなか夫の貯金や資産状況などを開示されることはありませんが、
離婚裁判では分かれるにあたっての条件面での争いになるので、
夫の貯金や資産を開示してもらえるのです。
そしてその中から妻の取り分について争われるのです。


ドメスティックバイオレンスで苦しみ、
離婚調停まで話が進んだ場合は、
妻はきちんと離婚調停員に別居ではなく、
離婚裁判を視野に入れている事をきちんと伝えておく必要があります。


DVで貯金を持たない妻の離婚調停のご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択