So-net無料ブログ作成

離婚調停の着手金と成功報酬について

離婚調停の着手金と成功報酬について

離婚調停で弁護士を立てたいが、
着手金や成功報酬はどのくらいかかるかでお悩みの方もいるでしょう。


まず着手金、これは弁護士と契約を結ぶ際に支払うもので、
大体20万円から30万円ほどかかります。
場合によっては50万円ということもあります。

しかもこの着手金は、
仮に離婚調停が不成功であったとしても戻って来ませんので、
弁護士選びは慎重になさってください。


一方成功報酬は、成立した場合のみのもので、
解決金の10パーセントから20パーセントというのが相場です。


大体トータルで50万円ほどになると思われます。


それだけのお金がなかなか出せない場合は、
まず法テラスの無料相談を受けたうえで、
一時的に費用を立て替えてもらうことができます。


ちなみに法テラス利用の場合は着手金は通常の半分程度です。


もちろん後から返さなければなりませんが、
かなり割安になりますので、収入が一定金額以下の場合は、
法テラスを利用されるのもいいでしょう。


また、離婚調停の成立が難しい場合、
はじめから離婚訴訟とセットで依頼しておくと、
調停が不成立の場合も別の弁護士を探す必要はなくなります。

ただし離婚調停がうまく行った場合も報酬は変わりません。

どうしても弁護士が見つからない場合は、
離婚調停は元々当事者による話し合いに重きが置かれますので、
自分たちだけでやるという方法もあります。

この場合はあまり経費もかからずにすみますので、
当事者だけで離婚調停を行うこともできます。

ただ、弁護士を入れることによって相談ができたり、
書類の作成も依頼できたり、
離婚調停もうまく行ったりというメリットもあるようです。


離婚調停の着手金と成功報酬についてのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成