So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停に必要な添付書類について

離婚調停に必要な添付書類について

離婚調停は、夫婦の一方が離婚を望み、
もう一方がそれに応じない場合に行われます。
離婚を望む側が申立書を家庭裁判所に提出し受諾され、
離婚調停へと進む流れになります。


離婚調停には、さまざまな書類が必要となります。
スムーズに進めることができるように、
不備がないように努めたほうが良いでしょう。


離婚調停の手続きの際の申立書には、
添付書類として、戸籍謄本が必要となってきます。


各市区町村役場にて入手できるものですから、
あらかじめ用意しておかなければなりません。

また、添付書類として住民票も同時に用意しておくと、
家庭裁判所での事務手続きがよりスムーズになります。
(必須ではありません)


さらに、個々のケースによって、
離婚調停で用意したほうが良い添付書類が違ってきます。

たとえば、財産の分与で問題が生じることが予想される場合は、
資産状況を明確にできる書類が必要となるでしょう。

たとえば、不動産登記簿の謄本、通帳のコピー
給与明細、確定申告のコピーなどがあげられます。

また、借金の場合はその内容がわかる書類が必要です。
離婚調停の原因が暴力であった場合は、
治療の際の診断書が必要となってきます。


離婚調停で離婚を判断するのは調停委員の方たちです。
調停委員の方たちに実情をより深く理解してもらえるように、
心がけることが大切です。


以上のように、申立書とさまざまな添付書類の提出に基づき、
後日呼出状が申立人と相手方の双方に送られます。


離婚調停に必要な添付書類についてのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択