So-net無料ブログ作成

離婚調停の取り下げの手続き

離婚調停の取り下げの手続き

離婚調停は、夫婦で一方が離婚を望んでいるけれども、
もう一方がそれに応じない場合に行われる手続きのことです。
どちらかが申立書を提出し受諾されれば離婚調停が進められていきます。


しかし、時間が経つと心境の変化が起きる場合も往々にしてあります。
つまり、離婚の意思がなくなり夫婦として続行していきたいと考えを改めることです。
このとき、離婚調停の手続きが不要になるわけですが、
取り下げを申請する必要があります。


離婚調停の取り下げの手続きは、とても簡単なものです。
申立人が、離婚調停を取り下げたい旨の「取下書」を作成し、
家庭裁判所に提出すれば良いのです。


ただ、気をつけなければならないことがあります。
離婚調停の取下げは、
離婚をしないという理由で行われるものではありません。


すぐに訴訟を起こされる場合があるからです。


また、離婚調停の取り下げで多いのが離婚をやめたのではなく、
調停ではなく裁判で決着をつけたいと思った場合です。


調停を通して、
相手の条件が合意できない場合によく見受けられるケースです。


たとえば、法外な慰謝料や養育費を求めてくる場合などは、
裁判に移行することがあります。


ちなみに、当たり前の話ですが、離婚が成立したあとは、
離婚調停の取り下げは受け付けられません。
調停証書の作成により離婚が成立する日が決定しますが、
取下書を出したい場合はそれ以前に行う必要があります。


いずれにせよ、生活をともにした者同士ですから、
事実としていろんな落としどころがあるようです。


離婚調停の取り下げの手続きのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成