So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停を取り消しするためには

離婚調停を取り消しするためには

離婚調停とは、夫婦の片一方が離婚を望んでいるけれども、
もう片方が離婚に応じないときに行われます。
離婚を望むほうが申立書を家庭裁判所に提出し、
受諾されることで離婚調停が進められていきます。


ただし、離婚調停を行っている最中でも、
心境の変化があり離婚の意思がなくなることがあります。


夫婦として続行するように、意思を改めることです。


また、離婚調停ではない手段を使って決着をつけたい、と思う場合もあります。
このとき、離婚調停の手続きは不要になり、取り消しを申請します。


離婚調停の取り消しは、非常にシンプルなものです。


離婚を申し立てた側が、
取り消したい旨を記載した「取下書」を作成し、家庭裁判所に提出します。
以上で離婚調停を取り消すことができます。


ただし、気をつけなければならないのが、
離婚しないという理由で取り消すことはできません。
何故なら、訴訟を起こされトラブルになることがあるからです。


離婚調停の取り消しで多いのが調停ではなく裁判での決着を望むケースです。


相手の条件に合意ができない場合、このケースが考えられます。
法外な慰謝料、養育費を要求され、どう考えても飲むことはできない、
という場合に調停が取り消され裁判に移行することがあるのです。


なお、当然の話ですが、離婚成立後に離婚調停を取り消すことはできません。
調停証書作成により離婚が成立するのですが、取り消しを申請するのであれば、
作成する前に行う必要があります。


離婚調停を取り消しするためにはのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択