So-net無料ブログ作成

離婚調停の届出の方法と手続き

離婚調停の届出の方法と手続き

離婚調停とは協議離婚が成立しない場合や、
納得のいく協議が行われなかったときなどに、
家庭裁判所に離婚調停の届出を行います。


離婚調停は裁判のような強制力がないため、
最終的には夫婦の合意によって離婚が成立します。
そのため離婚調停で合意が得られなかった場合は裁判となるのです。


離婚調停の届出に離婚理由は必要ありません。
離婚するべきか悩んでいる場合でも離婚調停の届出はできます。


離婚そのものに限らず、暴力をふるわれる、
金遣いが荒いなどの仲裁もしてくれるのです。


調停では調停委員が双方から事情を聞き、
両者のあいだに入ってお互いが納得できるような案を提示してくれます。

待合室も別になっているので相手方と顔を合わせることもありません。


離婚調停の届出をするための申立書は、
家庭裁判所の窓口にいけば無料でもらえます。
一部の裁判所ではFAXなどで簡単に入手できるようです。
届出には夫婦の戸籍謄本が必要です。


離婚を前提とした場合は親権者や養育費、慰謝料の希望金額などを書きます。
離婚調停の場ではそれを参考にして話し合いが行われます。


その他にも離婚の原因を記入するところがありますが、
調停中にも事情を説明できる機会を与えてもらえるので、
わかってもらえないのではないかと心配する必要はありません。


暴力を受けた際の診断書や不貞の証拠があれば添付します。


調停の申し立てが受理されると期日が決められ、
約1ヶ月ほどで呼び出し状が送られてきます。
その後1ヶ月に1回のペースで話し合いが持たれ、
半年のあいだには調停が成立するか、
不成立になるかの見通しができてきます。


困ったときには調停委員に相談し、
できる限り早期の解決を目指しましょう。


離婚調停の届出の方法と手続きのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成