So-net無料ブログ作成

離婚調停の内容と裁判との違い

離婚調停の内容と裁判との違い

離婚調停は家庭裁判所で行うものです。

しかし、離婚調停は裁判を行うものでは有りません。


離婚調停の内容は、
第三者である調停委員などが介入をして話し合いを行う事で
解決の糸口を見出していく物だと言います。


しかし、離婚調停を行う場合は調停委員がそれぞれの言い分を聞き取り、
双方の主張というものをコントロールして、解決を見出していきます。
そのため、家庭裁判所の中で別居中の夫婦が顔を合わせてしまう事もあると言います。


家庭裁判所では離婚調停を行うため、調停委員との面談を行います。


これは家庭裁判所に出頭をするという事になるのですが、
出頭を行う日は同じになっているのです。
但し、出頭を行った場合、待機する部屋が設けられており、
その部屋は夫婦は別々の部屋が用意されていますし、
調停の中で顔を合わせる事は無いと言います。


しかし、家庭裁判所に行く途中や帰り道などでばったり顔を合わせてしまう事もあります。
そのため、離婚調停を行う家庭裁判所は配慮を行ってくれる事もあると言われているのです。


離婚調停は、先ほども説明を行ったように、
内容そのものは調停委員がお互いに意見を聞いて、
その意見に基づいて解決の糸口を探していくと言う内容になりますので、
裁判のような重圧のある物とは異なります。
しかしながら、離婚調停は、話し合いを行うものですので、夫婦のうちどちらかが納得しなければ、調停の成立が行われる事は無いと言います。
これが裁判とは大きな違いと言えるのです。


離婚調停の内容と裁判との違いのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成