So-net無料ブログ作成

生活費確保のために何回も離婚調停

生活費確保のために何回も離婚調停

離婚調停とは、離婚を視野に入れた夫婦が、
第三者を介して話し合いがもたれるものです。


離婚調停では夫婦が直接対面し話し合いを行うことはありません。


夫婦が直接話し合って結論が全く出ず、
かえって夫婦関係が複雑化した為に、
第三者を介入する離婚調停に話し合いの場を移すことが多いのです。


離婚調停員が夫婦両者の言い分を聞き、
また相手方には調停員から伝聞形式で言い分が伝えられるのです。


しかし一回複雑化した夫婦は、
一回の調停ではなかなか話がまとまりません。
何回も調停が開かれ、円満な道を模索していくのです。


一旦判決が下り、調書が作成されます。
夫婦はその調書の指示に従って生活を営まなければいけません。


しかし調書の内容によっては期限付きのものもあり、
期限後の生活に関してまた問題が生じたり、不服がある場合、
再び離婚調停をすることができるのです。


離婚調停は何回でも行う事ができるのです。
そのため別居して、生活費を確保する為に何回も離婚調停を開き、
生活を維持している人もいるのです。


離婚してしまうと、完全に生活費の振り込みが断たれる場合があるので、
生活力のない人にとっては別居して離婚調停を上手く利用し、
生活費を確保するのも一つの賢い方法だと言えるのです。


しかしながら生活費の為だけに、
離婚が出来ずいつまでもパートナーと接点を持ち続けなければいけないことは確かです。


本当に離婚して心機一転前向きに新たな人生を歩みたければ、
自分に生活力をつけることも大切なのです。


生活費確保のために何回も離婚調停のご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成