So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停の流れと内容証明を使うケース

離婚調停の流れと内容証明を使うケース

離婚調停とは、夫婦のどちらかが協議離婚に応じない場合や、
双方に離婚の意思はあっても条件等が合わない場合に、
家庭裁判所で行う調停です。
離婚調停でも相手が離婚に応じない場合は、裁判になります。


離婚調停の流れについて、説明します。


1.家庭裁判所で離婚調停の申し立てをします。
  申し立て先の家庭裁判所は、
相手方住所地か夫婦で合意した家庭裁判所のいずれかです。

2.申し立てが受理されると、
申立人と相手方に1回目の調停期日呼び出し状が送られてきます。  


3.家庭裁判所では、2名の調停委員が双方の事情を聞いて、
調停案を示すなどして進めていきます。


4.調停が成立しなければ、次回の期日が提示され、
双方が了承したところで、1回目の離婚調停は終わりです。


5.2回目以降は、より具体的な話が始まり、
調停が成立、または不成立となるまで繰り返されます。


6.調停が成立すると、裁判官の前で、調書条項を当事者に確認させます。
  調停調書に記載がないと決まったことになりませんので、注意が必要です。
  後日、調停証書が送付されてきますので、大事に保管しておきます。



離婚成立後に、
離婚調停で決まった養育費や生活費を払わなかった場合などは、
内容証明郵便を利用して相手方に請求します。

内容証明郵便はどんな内容の手紙を、いつ送ったかを郵便局が証明してくれ、
郵便を出した・受け取っていないなどの水かけ論を防ぐ手段です。
内容証明郵便は集配郵便局か支社が指定した郵便局で取り扱っていますので、
あらかじめ調べておくといいでしょう。


離婚調停の流れと内容証明を使うケースのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択