So-net無料ブログ作成

離婚調停で念書は効果があるのか

離婚調停で念書は効果があるのか

離婚調停の場でしばしば登場するのが念書です。


例えば、相手方が浮気をしたときに、
「もうしない」という意味で書いた念書であったり、
また2人で相談した時に離婚後の慰謝料や養育費などについて、
「念書」として形にのこす場合もあることでしょう。

そしてその後の離婚調停で、
「このような約束をとりかわしたので」というように、
「念書」を調停委員にみせることもありうるでしょう。


そこで焦点となるのが、
「念書に法的効力があるのか」ということです。


つまりその内容を反故にした場合は、
なんらかの罰則的なものが加えられるのか、ということです。


ですが実際のところ、
それらを反故にしたからといって罰せられるようなことはありません。


つまり法的な効力はないのです。


ただしある程度の効果は離婚調停の場でも見込めるでしょう。
つまりこういう約束をしたのだという事を示すことによって、
調停委員に心理的な影響を与えるとこができるからです。


また、場合によっては裁判になっても何らかの影響をもたらすことができます。


ただし記入した人の署名などが欠かせません。
さらには脅したり強制することによって記入させたものは無効とみなされます。


離婚調停が進んで、慰謝料や財産分与、親権、
養育費というものの相談がまとまったなら、
離婚調停協議書という形にまとめておくとよいでしょう。


ただしこれだけではその内容が守られなくても、
何らかの法的処置をとることはできませんので、
離婚調停協議書の公正証書にしておくことが大切です。


離婚調停で念書は効果があるのかのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成