So-net無料ブログ作成

離婚調停における発言について

離婚調停における発言について

離婚調停とは、
夫婦間で話や折り合いがなかなかつかない時に、
第三者に間に入ってもらい話を進めることを言います。


離婚調停というと離婚の話し合いのように感じます。


当然離婚についての協議も行いますが、
別居や復縁、同居を前提とした家庭内での取り決めなど、
夫婦間のことであれば何でも協議することができる訳なのです。


離婚調停は家庭裁判所で行われます。


調停を執り行う夫婦は別居している人も多く、
それぞれに家庭裁判所から調停日時の通告が届くようになっています。
その用紙に書かれている裁判所に指定された日時に行くと、
調停員との話が始まるのです。


そして夫婦両者の言い分や、
希望を調停員から伝えられ話し合いが進んで行く訳なのです。


夫婦は直接対面し話すことはありません。


全て調停員を介し、調停員から伝聞方式で話し合いが進んで行くのです。


離婚調停は、
自分がたくさん発言し自分の主張を調停員に伝えアピールしなければ、
離婚調停が不利に運んで行くように思われます。

しかし、離婚調停は裁判とは違うのです。

たくさん発言したからと言って必ずしも有利に調停が運ぶとも言えないのです。
裁判とは違って、
調停員は夫婦が円満に解決して行くように話し合いを進めようとするのです。


そのため発言をたくさんし、自己主張するよりも、
調停員に好印象を持ってもらうような発言、態度に気を配る方が
自分にとって調停が有利に運ぶ可能性があるのです。


強い口調の発言や過剰なアピールは調停員に悪い印象を与えてしまうので
かえって離婚調停が不利に働く場合があるのです。


離婚調停における発言についてのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成