So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停で激しい反論にあったら

離婚調停で激しい反論にあったら

離婚調停は、離婚裁判の前に執り行われるのが一般的です。


妻の浮気が発覚して別れて暮らしたい、

夫のドメステッィックバイオレンスに心身ともに疲れて別れたい、

妻の浪費癖が治らなくて家計が破綻しそうでなんとかしたいなど、

夫婦の問題について第三者を介入して協議されるのです。


被害を受けた側は自分が有利に別れられるよう
離婚調停員に必死に被害の実態を訴えます。


また訴えられた側も、不利に調停が進まないように必死に保身に走ります。
そのため激しい反論合戦になる場合があるのです。
また自分にとって不利な離婚調停にならないために、
事実を曲げて嘘の反論をしてくる場合があるのです。


しかし嘘の反論をしてきたからといって、
動揺したり激昂してはいけないのです。


そこで激怒したり、声を荒げて調停員に悪態をついてはいけないのです。


離婚調停とは調停員の判断如何で、
自分にとって有利にも不利にも調停が進んでいくものなのです。


調停員も所詮人間です。


夫婦両者を見ていて、
印象がよく真摯な態度で話しを良く聞く人に好印象を抱くのは当たり前です。


好印象な人の言い分のほうが信憑性が感じられ、
その人に有利に調停が進んでいくことも充分考えられるのです。


調停では激しい反論にあっても、
冷静沈着に大人な対応をすることが非常に大切なのです。


相手の反論、挑発に乗っては相手の思う壺なのです。


自分自身、信念を持って正々堂々と離婚調停に臨み、
大人でクレバーな話し合いをすることが離婚調停では非常に大切なのです。


離婚調停で激しい反論にあったらのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択