So-net無料ブログ作成

離婚調停と破綻について

離婚調停と破綻について

離婚調停と言うのは、
離婚破綻をして裁判を行うものではなく、
調停委員と呼ばれる第三者を夫婦の間に配置して、
話し合いを行い解決の糸口を見つけ出す物だと言います。


一般的に離婚が成立するのは、
当事者でもある夫婦の意見が一致している場合に成立するものであって、
どちらかが反対を行う場合は、離婚が成立しないと言います。


但し、裁判を行う事で離婚が成立する事もあるわけですが、
裁判を行う前提条件として最初にこの離婚調停と言う形で、
話し合いを行う事が一般的だとも言われています。


裁判などは、家庭裁判所を利用し、
弁護士などの法律の専門家に依頼をして行う事になります。
しかし、離婚調停というものは、
弁護士に依頼をしなくても離婚調停を行う事は可能になると言います。


裁判と言うものは、法律的な立場で決着をつけるものであり、
離婚調停は法律と言うよりも、
双方の言い分を聞いて、それぞれの意見の一致する部分を見出し、
解決の糸口を探し出すもので主に話し合いと言う事が主体となるものなのです。


裁判はあくまでも離婚調停での破綻が原因で行われるもので、
本来ならば、
話し合いの中で解決するのが一番夫婦にとっては良いことなのです。


しかし、話し合いで解決しない場合は離婚破綻と言う形になり、
弁護士などに依頼をして裁判を行う事になります。


因みに、調停委員と呼ばれる人は裁判所などに所属する人であり、
離婚調停を行う際に、中立の立場で立ち会い、
夫婦間の主張を聞き取り、それに対してアドバイスを行ったり、
相手を説得するための役割を持つ人の事を意味しています。


離婚調停と破綻についてのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成