So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停と復縁について

離婚調停と復縁について

離婚調停は必ずしも離婚を行う事が目的では有りません。

離婚調停というものは、
当事者が調停委員と呼ばれる人を立会人として話し合いを行い、
解決を見出すものであり、話し合いによっては復縁と言う事もあるのです。


離婚調停は、復縁を目的として行うケースも有るといえます。


それは、離婚調停は話し合いを行うものであり、
裁判を行うものではないからです。


夫婦の間で起きた問題を、調停離婚と言う形で行い、
調停委員が間に入り、2人の話を聞き、
それに対して解決の糸口を見出したり、アドバイスを行うものなのです。



離婚調停を行う場合、
夫婦のうちどちらかが申し立てを行いスタートするものです。


但し、両者が離婚の決意を固めている場合など、
お互いが納得する事で離婚が成立する事もあります。


そのため、復縁と離婚の狭間にあるとも言えるのではないでしょうか。


因みに、離婚の成立というものは、
両者の意見が一致した場合に離婚が成立すると言います。


離婚調停で、両者の意見が位置すれば、離婚が成立しますが、
どちらか一方が離婚に対する反対を行えば、
離婚調停の中では解決に至りません。
この場合は家庭裁判所の中で裁判が行われ、
法律の下で解決の糸口を見出す事になるのです。


尚、離婚調停で離婚が成立した場合、
復縁を希望する場合は、
1度離婚をしてから再婚と言う形を取る事が必要だといわれています。


これは、離婚調停での離婚成立は絶対であり、
復縁を求める場合は再び婚姻届を提出しての行為が必要になるのです。


離婚調停と復縁についてのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択