So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停不成立後の手続き

離婚調停不成立後の手続き

離婚調停は、相手のあることですから、当然不成立になることもありえます。

当然離婚できるものだと思っていた人にとっては、
その後の手続きをどうすれば良いのか、
戸惑ってしまう人も多いでしょう。


離婚調停は長くかかるわりには不成立の可能性だってあるのです。


調停委員の立ち会いはありますが、
あくまで本人同士での折り合いを重視するからです。
離婚調停は一ヶ月に一回のペースで行われることが多いですが、
話し合いが平行線のままの場合は、不成立となることが多いです。


もし離婚調停が不成立の場合、不服の申し立てを行うことはできません。
よって、次の手順を踏む必要があります。



大きく分けて、手順は次の3通りがあげられます。



まず、当事者同士で話し合いをすることです。
離婚調停の際、調停委員の方に調整してもらった内容をもとに、
折り合いをつける方法です。
冷静になって話し合えることもありますが、
話がまとまらないことも少なくありません。



次に、訴訟を提議することです。
弁護士が必要となりお金がかかってしまいますが、
双方の主張をもとに適切な判断を下してくれるのがメリットです。
もっとも多く採られている方法かと思います。



そして、あまり多くはないですが、審判離婚という方法もあります。
話し合いはついているけれど一方の個人的な理由で離婚ができない場合に、
この手段が用いられます。



双方にとってもっとも良い方法を採るのが、
離婚調停不成立後の手続きとしては最も良いです。


離婚調停不成立後の手続きのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択