So-net無料ブログ作成

負けることのない離婚調停

負けることのない離婚調停

離婚調停というのは、
夫婦という当事者同士が、第三者を交えて話し合いをする、
というのが本来の考え方です。


しかし、裁判に法廷戦略があり、それにより、かつ、負けるというのがかかってきます。
それと同様に、離婚調停にも戦略があります。


戦略なき離婚調停は、負ける可能性がぐっと高くなります。
では、負けることのない離婚調停には、どのような戦略が必要なのでしょうか。



……まずは、服装から見ていきましょう。


離婚調停において、別に服装の決まりというものはありません。
別にジーンズでも構いませんし、サンダル履きだって構いません。
ジャージを着用していたって構わないのです。


ただし、離婚調停において重要な役割を担っているのが、調停委員。


この調停委員に好印象をもたれるような服装選びをしましょう。
傾向として、調停委員は年配の方が多いもの。
男性のあまり装飾品をたくさんつけたような服装や、
女性の厚化粧は、心象を悪くします。


そして、言葉遣いや話し方というのも、重要なポイントです。


基本的には、ゆっくりとはっきりと話すことが重要です。
あまり早口に話してしまうと、いい印象を与えません。
言葉遣いも、「奥さん」のことを「あいつ」というような言い方はNG。
「妻」といいましょう。


そして、調停においては、とかく相手の主張を否定したがるもの。


しかし、相手の話をまずは聞き、
受け入れる姿勢があるというところを見せておくと、
理性的な態度ということで、好印象をもたれます。


負けることのない離婚調停のご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成