So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停不成立だと民事裁判になります

離婚調停不成立だと民事裁判になります。

離婚をする場合は、大まかに言って3つの方法があります。


まず協議離婚、そして家庭裁判所での離婚調停です。


この離婚調停で成立しなかった場合には、
審判離婚と言って、家庭裁判所の判断で調停に代わる審判を出し、
離婚を成立させることもあります。


ほとんどの場合はこれで離婚が成立しますし、
離婚調停の場合は、法律をあまり知らなくても可能で、
自分で手続きをすることもできます。


協議離婚や離婚調停で成立しなかった場合は、
夫婦どちらかが弁護士を立てて訴訟に持ち込むことができますが、
訴訟を起こせる理由は、
不貞行為」「育児などの悪意の破棄」「3年以上の生死不明」
「回復の見込みのない精神疾患」「暴行、浪費、犯罪など」のいずれかに限られます。


この訴訟を、離婚訴訟または裁判離婚といいます。


いわゆる民事裁判と呼ばれる裁判ですが、
厳密には民事裁判とは呼ばず、人事裁判と呼ぶことが多いです。


訴訟はまず原告が、離婚を求める内容、
そしてその理由を記述した訴状を2通作成して、
離婚調停の調停不成立証明書と戸籍謄本を添付し、
管轄裁判所に提出します。


管轄裁判所は、同居の場合はその地域の地方裁判所です。


2人が別々の地域で暮らしている場合は、どちらかの地方裁判所になり、
元一緒に暮らしていた地域に2人のうちの一方が住んでいる場合は、
その地域の地方裁判所になります。


通常民事裁判の場合は、被告側の裁判所で審理が行われますが、
この離婚裁判では逆に、原告側の裁判所で行われることもあります。


この裁判で慰謝料その他の損害賠償が決定しますが、
地方裁判所で成立しない場合は、高等裁判所、
ひいては最高裁判所で裁判が行われることもあります。


一般に離婚調停などと比べると、
費用も年月もかかるのが裁判離婚の特徴ですが、
場合によっては裁判中に和解勧告をされることもあります。


これが成立すると、その段階で離婚成立となります。


離婚調停不成立だと民事裁判になりますのご紹介でした。


⇒『2年前』私が『円満離婚』できた理由【秘訣】はこちらからご覧ください。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成
検索選択